インプラント治療に必要な骨量

インプラント治療の為

手術数

インプラント治療の増骨について

インプラント治療を行うには手術を行う必要がありますが、どのように行うのかというと、骨と特殊な人工の歯を結合させるという手術方法で行います。しかし、中には結合するのに十分な骨がない人もいて、そのような人の場合は増骨といって、新たに人工の骨をつくることがあります。この増骨は、インプラント手術と同時に行われ、患者に合わせた骨が造られることになります。このことにより、骨がない人でも手術を受けることができ、新たな人工の歯を手に入れることができるようになります。患者に適合する骨を造る場合は、CTなどで撮影して型を採ってつくることになります。

増骨で可能になる治療について

インプラントを受けるには、人工歯根を埋め込めるだけの骨の量が必要なので、治療前にはレントゲンなどで骨の状態を確認し、骨が足りない場合には前もって増骨を行います。手術の内容は骨の状態や上顎、下顎といった場所によって違いが出てきます。また、周辺に歯周病や虫歯がある場合は、そこからの感染を防ぐために治療しておきます。歯を失った部分は顎の骨への刺激が少なくなるので、顎の骨が薄くなる傾向があります。他にも加齢による骨密度の減少や、女性に多い骨粗鬆症の影響などで骨の量が足りない場合でも、増骨によってインプラントが可能になります。

↑PAGE TOP

© Copyright インプラント治療に必要な骨量. All rights reserved.